中華丼/中華飯

【読み方:ちゅうかどん、分類:丼物

中華丼は、丼物の一つで、「中華飯」や「八宝飯」とも呼ばれ、御飯の上にあんかけの肉野菜炒めを載せた料理をいいます。これは、日本で生まれたもので、東京の中華料理店で昭和の初め頃、客から御飯に八宝菜を載せてと頼まれて作ったのがきっかけだそうです。その作り方は、基本的に八宝菜と同じで、鍋に油を引き、豚肉・エビ・イカ・うずら卵などと数種の野菜(白菜、ニンジン、タケノコ、ピーマン、キクラゲ等)を炒め、スープを加え、塩・砂糖・醤油・酒などで味付けし、片栗粉でとろみをつけ、最後に御飯の上にかけて出来上がりとなります。なお、中華丼は、中華という名がつきますが、中国にはありません。