レバニラ炒め/ニラレバ炒め

【読み方:ればにらいため、分類:中華料理】

レバニラ炒めは、中華料理の一つで、「ニラレバ炒め」とも呼ばれ、レバーやニラなどを炒めたものをいいます。本来、中国では、韮菜炒猪肝や韮菜炒牛肝と呼ばれ、レバニラ炒めという呼称は日本で付けられたものです。本料理は、レバーの味や食感、ニラの独特の香りなどから苦手とする人も結構多いですが、その一方でビタミンAや鉄分などを豊富に含んでいるため、栄養面には結構いいです。また、作り方については、牛または豚のレバーをニラやショウガと共に炒め、塩・胡椒・醤油・酒などで味を調えるのが一般的です(オイスターソースでの味つけもあり)。なお、ニラ以外に、モヤシやニンジン、タマネギ、ピーマンなどを入れることも多いです。