牛丼

【読み方:ぎゅうどん、分類:丼物

牛丼は、「牛飯」とも呼ばれ、丼物の一つで、丼(どんぶり)に盛った御飯の上に、味付けをした牛肉やタマネギなどを乗せた料理をいいます、これは、明治時代に誕生した牛鍋を丼飯にかけた料理である「牛めし」が原型で、通常、薄く切った牛肉とタマネギなどを甘辛く煮込み、丼に盛った御飯の上に載せて作られます。また、好みに応じて、生卵を乗せたり、唐辛子をかけたり、紅しょうがを添えたりして食べます。なお、丼物とは、丼に御飯を入れ、その上に具材を載せた料理の総称をいい、今日では様々な種類があります。

一般に牛丼は、外食において、吉野家・すき家・松屋の三大チェーンのものが特に有名で、普通の牛丼以外に、キムチ・チーズ・ねぎ玉などを乗せたタイプのものもあります。また、注文の際に、「つゆだく(牛丼のつゆを多めに入れてもらうオーダー)」を指定することもできます。