すき焼き丼

【読み方:すきやきどん、分類:丼物

すき焼き丼は、丼物の一つで、丼(どんぶり)に盛った御飯の上に、すき焼きを乗せた料理をいいます。これは、明治時代に誕生した牛鍋を丼飯にかけた料理である「牛めし」が原型で、類似する牛丼より具材は豊富です。具体的には、牛肉と白長ネギは必須で、その他に、豆腐やしらたき、白菜、春菊などを入れ、簡単に「すき焼き」を作り、御飯の上に乗せます。また、玉子については、生たまごを乗せる以外に、すき焼きの調理の過程で「玉子とじ」にしてもいいです(玉子は好みに応じて)。なお、丼物とは、丼に御飯を入れ、その上に具材を載せた料理の総称をいい、今日では様々な種類があります。