筑前煮

【読み方:ちくぜんに、分類:日本料理/煮物】

筑前煮は、「炒り鶏(いりどり)」とも呼ばれ、鶏肉とゴボウ・ニンジン・レンコン・コンニャク・シイタケなどを油で炒め、砂糖や醤油などで味付けし、甘辛く煮た料理をいいます。また、筑前とは、現在の福岡県北部・西部にあたる旧国名のことを意味し、筑前地方で好んで作られる郷土料理が、普通の甘煮と異なり、煮る前に油で炒めることから、「筑前地方独特の煮物」という意味で「筑前煮」と呼ばれるようになったそうです(現在では、日本全国に普及)。

なお、筑前煮は、筑前以外の地域での呼び名であり、筑前やその周辺地域では「がめ煮」と呼ばれています。