てっさ

【読み方:てっさ、分類:魚介類/刺身】

てっさは、主に関西地方で使われる用語で、フグの刺身(ふぐ刺し)のことをいいます。これは、「鉄砲」の略の「てっ」と「刺身」の略の「さ」が語源で、フグはあたると死ぬこともあることを比喩した「鉄砲(てっぽう)」に由来するものです。

一般にフグ(河豚)は、フグ目フグ科の海魚の総称をいい、体は長卵形で丸みを帯び、ヒレが比較的小さく鱗を欠き、鋭い歯はくちばし状となっており、外敵に襲われると腹を著しく膨張させるものもいます。また、食用面では、その味は美味ですが、卵巣や肝臓などにテトロドトキシンという毒を持つものが多く、調理には細心の注意が必要となります(調理には免許が必要)。

なお、日本のフグ料理に用いるものとしては、トラフグやマフグ、ショウサイフグなどが代表的なもので、日本近海では、約40種が知られています。