粥(かゆ)

【読み方:かゆ、分類:日本料理/米飯】

粥(かゆ)は、「お粥(おかゆ)」とも呼ばれ、米などを多めの水で軟らかく炊いた(煮た)ものをいいます。かつて(食糧事情の厳しい昔)は、白米を煮た「白粥」のほか、アワ・ヒエ・麦なども材料にされ、さらにサトイモ・サツマイモ・ダイコンなどを増量材として加えたものも作られていました。また、調理方法の分類では、生米から炊いて作る「炊き粥」と、一度通常の水分量で炊いた御飯に、その倍程度の量の白湯を加えて炊き直して作る「入れ粥」があります。(古くは、米を蒸したものを「飯(いい)」、煮たものを「粥(かゆ)」と称した。また、固さによって「固粥」と「汁粥」とに分け、現在の飯は固粥、粥は汁粥にあたる)

一般に粥は、消化や吸収が良いため、朝食・病人食・離乳食などで食されているほか、古くは神供として各種の行事にも使われたり、その年の農作の出来具合を占う「粥占」にも使われていました(現在、年中行事として残っているものに、1月7日に食べる「七草粥」が有名)。ちなみに、粥は、日本だけでなく、東アジアや東南アジアの国々でも日常的に食されています。