かやくご飯/加薬飯

【読み方:かやくごはん、分類:日本料理/米飯】

かやくご飯(加薬飯)は、「炊き込みご飯」や「五目飯」とも呼ばれ、肉・魚・野菜・油揚げなどを細かく切ったものを混ぜて炊いた味付け飯のことをいいます。これは、日本の代表的な米料理(家庭料理)の一つで、御飯を炊く際に食材(具材)を一緒に炊き込むことで、具材の味を全て御飯に吸収させることができるという利点があり、また具材や味付けは各家庭や地域等で異なります。

一般にかやくご飯のレシピは様々ですが、例えば、具材には、鶏肉、油揚げ、コンニャク、シメジ(シイタケ)、ゴボウ、ニンジンなどを使ったり、また味付けには、醤油、酒、かつおだし、塩、砂糖などを使ったりします。なお、簡単に作りたい場合は、市販されている「かやくご飯の素」を使うという手もあります。

ちなみに、かやくご飯の「かやく(加薬)」とは、元々は漢方薬の効果を高めるために補助的な薬を加えることやその薬を言う漢方用語でしたが、その補助的な意味から転じて、五目飯やうどんなどに入れる具を言うようになり、「五目飯」のことを「かやくご飯」と呼ぶようになったそうです(本名称は主に関西などで使われる)。