雑炊

【読み方:ぞうすい、分類:日本料理/米飯】

雑炊は、「おじや」とも呼ばれ、米飯に魚貝類や肉類、野菜、キノコ類などを加えて、醤油や味噌などで味をつけて煮た食べ物をいいます(古くは「増水」とも表記された)。これは、日本の米料理(家庭料理)の一つで、米飯の保温や再加熱が容易でなかった時代には冷や飯の再利用法の一つとして頻繁に作られ、今日では主として鍋料理の締めや、体調不良時の栄養補給として粥と同じように用いられることが多いです。また、家庭での味付けについては、鰹だしやめんつゆ、うま味調味料等が用いられることが多いですが、それ以外にも、中華スープやコンソメ、おでんのつゆなど様々な出汁等も利用されます。

一般に鍋料理の雑炊については、すっぽん鍋の後に行う「まる雑炊」、ふぐ鍋の後に行う「ふぐ雑炊」、水炊き鍋の後に行う「とり雑炊」、かに鍋の後に行う「かに雑炊」、すきやき鍋の後に行う「すきやき雑炊」、しゃぶしゃぶ鍋の後に行う「しゃぶしゃぶ雑炊」などがあります。ちなみに、これらについては、仕上げの際に溶き卵や刻みネギなどが加えられることが多いです。