カツ丼

【読み方:かつどん、分類:丼物

カツ丼は、丼物の一つで、丼(どんぶり)に盛った御飯の上に、調理した豚カツ(豚カツを卵とじにしたもの)を乗せた料理をいいます。これは、通常、専用鍋を用いて、切り分けた豚カツを玉ねぎなどと共に割り下(出し汁に醤油・砂糖・みりんなどを加えたもの)で煮て、鶏卵の溶き卵でとじたものを丼飯に乗せたものを指しますが、一部地方ではソースで味付けした豚カツを丼飯に乗せたものを指すこともあります。なお、丼物とは、丼に御飯を入れ、その上に具材を載せた料理の総称をいい、今日では様々な種類があります。

一般にカツ丼は、蕎麦屋や定食屋などにおいて定番(人気)の丼物の一つで、食べ応えが結構あり、腹持ちがします。また、試験前や勝負前などの「ゲン担ぎ」で食べられることもあります。