蒸し大豆

【読み方:むしだいず、分類:大豆】

蒸し大豆は、「丸ごと大豆」の一つで、大豆を蒸したものをいいます。これは、水煮大豆(お湯で長時間煮た大豆)がタンパク質やイソフラボンなど様々な栄養素が水の中に溶け出してしまうのに対して、蒸す(水蒸気で食材を加熱する)調理方法で水の中で加熱していない分、溶け出しやすい栄養素や機能性成分が多く残っています。また、同時に、うまみ成分も多く残っているので、大豆本来の味が引き出されて、そのまま食べてもおいしいです。ちなみに、丸ごと大豆(そのまま食べる大豆)の実力として、例えば、悪玉コレステロールや血糖値を下げる働きは豆腐や豆乳よりも高く、イソフラボンや食物繊維の量は納豆よりも多いそうです。

一般に蒸し大豆は、食品メーカーが加工した製品を食す(使う)以外に、自宅でも簡単に作ることができます。また、その食べ方については、そのまま食べる以外に、各種食材との相性が良いため、様々な料理に入れることもできます。