殺陣師

【読み方:たてし、分類:職業】

殺陣師は、殺陣の演技指導や創作をする人(専門家)をいいます。これは、通常、演劇・殺陣プロダクションや撮影所などに所属し、師匠について長く修行をした後に一人前となります。また、殺陣とは、映画・ドラマ・演劇等で、乱闘や捕り物、斬り合いなどの立ち回り演技のこと、およびその演技を振り付けることをいいます。

一般に殺陣師の仕事は、台本脚本)をもらって、どんなシチュエーションでの立ち回りなのか、それによってどういう風に振り付けるのかを一から自分でプランニングし、また演出側からの要望や俳優側からの要望なども加味しながら、実際の殺陣を考案した後、具体的な立ち回りの型を俳優役者)陣に教えることになります。

<本用語の使用例>

・監督や殺陣師の方のおかげで迫力ある映像に仕上がっている
・運動神経と筋の良さは、指導した殺陣師の折り紙つきだという
・日本屈指の殺陣師と知られる二人が本格的な立ち回りを披露する