読み合わせ

【読み方:よみあわせ、分類:演劇】

読み合わせは、演劇の稽古において、役者俳優女優)が脚本(台本)の各自の持ち場を互いに読み合い、台詞(セリフ)のやりとりを行うことをいいます。これは、演劇の稽古の初期段階に行われるもので、言葉の発音やイントネーションといった基本的なことから、台本には書かれていない言葉に乗せる感情表現を探るところまで、様々な目的を持って行われます。また、その際には、共演者の役作りを探ったり、演出家などに指導されながら、作品全体の理解を深め、役作りを進めていきます。

なお、この稽古(読み合わせ)が終わると、その次は動作や表情などを加える「立ち稽古」に入り、さらにその次は途中で中断することなく本番通りに行う「通し稽古」に入ります。