スタントマン/スタントパーソン

【読み方:すたんとまん、分類:職業】

スタントマン(Stunt man)は、「スタントパーソン(Stunt person)」とも呼ばれ、映画やテレビなどで、危険な離れ技を専門に演じる人をいいます。例えば、断崖絶壁から飛び降りたり、ビルの谷間を飛び越えたり、階段から転げ落ちたりするなど、映画やテレビのアクションシーンを主役俳優などに代わって演じる以外に、本人が一役者(登場人物)として高度なアクションシーンを演じることもあります。

一般にスタントの仕事は、大まかに分けて「ボディースタント(殺陣含む)」と「カースタント」の二つがあり、その仕事をするには、日頃から鍛え上げた肉体と鋭い反射神経、高度な運転能力などの技量が求められます。通常、スタントマンになるには、スタント(アクション)専門の養成所などに入り、必要とされる知識や技術を身につけるのが普通で、その後、専門のプロダクションなどに所属して仕事をすることになります。

なお、スタントをするのが女性の場合は、「スタントウーマン(Stunt woman)」と呼ばれることもあります。