睡眠/眠り

【読み方:すいみん、分類:睡眠】

睡眠は、「眠り」とも言い、周期的に繰り返す、感覚や反射機能等の生理機能が低下し、意識は喪失しているものの容易に覚醒しうる状態のことをいいます。その主な目的は、心身の休息や記憶の再構成などであり、また高次脳機能にも深く関わっているとされます。

一般に人(ヒト)に必要な睡眠量は、個人差が若干ありますが、7~8時間の場合が多いです。また、生命維持の観点では、短期的には栄養の摂取よりも重要とのことです(断眠を長く続けると、思考力が落ち、脳機能に影響)。ちなみに、日常生活の中で、睡眠が不足した場合、最も影響のある精神活動は、気分・記憶力・集中力だそうです。