K18/18金

【読み方:けーじゅうはち、分類:貴金属】

K18は、「18金」のことで、純度が75.0%の金(GOLD)をいいます。金とは、貴金属の一つで、その美しい輝きから「国境を越える通貨」や「永遠不滅の資産」などと言われ、通貨的価値と希少的価値の2つがあります。また、金は、その純度によって、全体に占める金の含有率が「24分率」で表わされ、K24(純金)は「24/24(純度99.9%)」なのに対して、K18(18金)は「18/24(純度75.0%)」となります。

本来、金は柔らかい物質であるため、K24(純度99.9%)では「装飾品(宝飾品、ジュエリー)」として使うことは適当ではありません。そのため、ほとんどの場合、別の金属との合金によって装飾品が作られ、その際の金の純度はK18やK14が多いです。なお、K18は、混合する金属の種類や配合率によって色が大きく変わり、一般的なものとしては以下の3つがあります。

●K18イエローゴールド(K18 YG)

金75%、銀15%、銅10%が一般的で、イメージ的に認知されている金色に近い。

●K18ピンクゴールド(K18 PG)

金75%、銀10%、銅15%が一般的で、ややピンク色を帯びた金色である。

●K18ホワイトゴールド(K18 WG)

金75%、銀15%、ニッケルまたはパラジウム10%が一般的で、黄色と白の中間色に近い金色である。国産は、ほとんどがパラジウム割で、プラチナの代用品として装飾品によく用いられている。