アスペクト/比画角/縦横比

【読み方:あすぺくとひ、分類:テレビ】

アスペクト比(Aspect ratio)は、「アスペクトレシオ」や「画角」、「縦横比」とも呼ばれ、テレビやコンピュータモニタ(ディスプレー)においては、画面や画像の横(タテ)と縦(ヨコ)の比率をいいます。これは、SDTV(地上波などの標準テレビジョン放送)では4:3、HDTV(BSデジタルなどの高精細度テレビジョン放送)では16:9となっています。

また、カメラにおいては、画面のタテヨコ比のことを指し、通常、35mm判フィルムカメラやレンズ交換式のデジタル一眼レフでは3:2となっていますが、一方で多くのデジタルコンパクトカメラでは、だいたい4:3となっています。