アイロン

【読み方:あいろん、分類:アイロン】

アイロンは、熱と圧力で衣服類のシワ伸ばしや形直しに用いる器具をいいます。これは、英語の「iron(鉄の意)」が訛った用語で、衣服のシワを伸ばしたり、縫い目を整えたり、縫い代を折ったり割ったりする場合に使うものです。通常、電源コードがアイロン本体よりコンセントまで延びていますが、その煩わしさを解消した「コードレスアイロン」というものもあります(アイロン本体の加熱は、電源に繋いだスタンドに載せている間だけ行う)。ちなみに、現在の電気式アイロンは、20世紀初頭から普及し、また20世紀後半にはスチームアイロンも普及していきました(昔は炭火アイロンというものもあった)。

一般にアイロンには、掛け面の温度を調節する機能(スイッチ)が装備されており、日々のアイロン掛けにおいては、衣類の素材に合った温度を適切に選択することが基本となります。