サイクロン式掃除機

【読み方:さいくろんしきそうじき、分類:掃除機】

サイクロン式掃除機は、「サイクロン掃除機」や「サイクロン式クリーナー」、「サイクロンクリーナー」とも呼ばれ、吸い込んだ空気を本体内部で旋回し、その遠心力でゴミと空気を分離して集塵する掃除機をいいます。これは、紙パックやフィルターでゴミを濾し取る必要がないため、多量のゴミを集塵した場合でも目詰まりが発生せず、吸引力が低下しないという特徴があります。また、紙パックやフィルター等の消耗品の交換が必要ない一方で、集塵できるゴミの量が紙パック式よりも少なく、短期間でゴミを捨てる必要があります。

ちなみに、最初の製品は、1990年に英国人のジェームズ・ダイソン(James Dyson)氏が開発し、それが商業的に大きな成功を収めたことで、今日では家電各社で販売されています(その中でもダイソン社の製品は世界的に有名)。なお、サイクロンとは、1886年に米国のモース(M.O.Morse)氏によって発明された粉体分離方式を指す言葉で、その原理はコーン状の筒の中で空気を回転させ、遠心力によって空気と粉体を分離するものです。

<主なポイント>

・遠心力でゴミと空気を分離して集塵する仕組みを採用
・吸引力が高いまま維持でき、紙パック等のコストが不要
・本体内に高速の空気の渦を発生させる必要があり、利用時の運転音(騒音)が大きい
・フィルターの自動掃除機能が付いた製品であれば、メンテナンスの手間は少なくて済む