ロボット掃除機

【読み方:ろぼっとそうじき、分類:掃除機】

ロボット掃除機は、「ロボットクリーナー」や「お掃除ロボット」、「掃除用ロボット」とも呼ばれ、自動制御により動作し、掃除を行うロボット(掃除機)の総称をいいます。これは、家庭用(床)と業務用(床・窓・プール等)の二つに分類され、その用途によって形状や機能(性能)などが異なります。また、家庭用のものについては、住宅の床掃除が専門で、サイクロン方式と紙パック方式の二つがあります。現在、電気メーカーやロボットメーカーが様々な製品を販売していますが、その中でも米国のロボットメーカーであるiRobotの「ルンバ(Roomba)」が有名です。

一般に家庭用のロボット掃除機は、価格に応じて機能(性能)が異なりますが、通常、薄い円盤型の本体内に充電式の電源を内蔵し、コードレスで動作します。その仕組みは、本体の下面にブラシと側面等にセンサーを備えることで、家具や壁面などの障害物に対して方向転換し、床面を自律走行しながら、ブラシでゴミを本体下面に集めて塵埃を吸引・収集していきます。また、階段の縁のような段差については、センサーで認識することにより落下することはありません。

ちなみに、高価格の高性能の製品の場合、赤外線などを用いた非接触式センサーで障害物を回避しながら、既に走行したルートと自らの位置を認識することで、同一箇所の清掃をなるべく避けるものもあります。また、自動またはボタン操作で起動し、一定時間床面の清掃を行うと自ら充電器内に自走して戻り、次回の起動に備えて充電を行うものもあります。さらに、製品によっては、会話機能を有するものや、写真撮影をして送信するものなどもあります。