扇風機

【読み方:せんぷうき、分類:空調】

扇風機は、「電気扇風機」とも呼ばれ、小型のモーターで数枚のファン(羽根)を回して風を起こし、涼をとる電気製品をいいます。これは、夏の暑さをしのぐために、風の流れで体感温度を下げるもので、通常、羽根は3~5枚でプラスチック製が多く、金網や強化プラスチック等のガードで囲まれ、速度調整・首振り・タイマーなどの機能が付いています。また、機種によっては、センサーで風量を自動調整するものや、マイナスイオンを生成するものなどもあります。

ちなみに、世界初の電気扇風機は、19世紀後半、モーターの発明とほぼ時を同じくして米国で開発・販売され、一方で日本では、GE(ゼネラル・エレクトリック)の技術で芝浦製作所(東芝の前身)が1894年に発売したものが最初だそうです。