【読み方:あい、分類:愛】

は、国語辞書では、人がその対象をかけがえのないものと認め、それに引き(惹き)付けられる心の動き(気持ちの表れ)のことをいいます。具体的には、相手を慈しむ気持ちや大事に思う気持ち、異性に対して抱く思慕の情、ある物事を好み大切に思う気持ち、個人的な感情を超越した幸せを願う深く温かい心などが挙げられ、また宗教においては、神が人類を慈しみ、幸福を与えることなどを意味します。

一般に愛は、を含んだ幅広い概念であると思われ、英語名は恋と同じく「love」となっており、また人に対する愛情については「affection」もあります。ちなみに、愛という漢字をよく見ると、「受」の中に「心」があり、「心を受け入れる」という意味合いになります。

<愛の名言>

・愛は惜しみなく与う。(トルストイ)
・もっとも永く続く愛は、報われぬ愛である。(モーム)
・愛は死よりも強く、死の恐怖より強い。(ツルゲーネフ)
・愛することとは、ほとんど信じることである。(ヴィクトール・ユゴー)
・愛されることは幸福ではない。愛することこそ幸福だ。(ヘルマン・ヘッセ)
・愛情には一つの法則しかない。それは愛する人を幸福にすることだ。(スタンダール)
・あの人が私を愛してから、自分が自分にとってどれほど価値のあるものになったことだろう。(ゲーテ)
・愛は最高の奉仕だ。みじんも、自分の満足を思ってはいけない。(太宰治)
・愛は、この世に存在する。きっとある。見つからぬのは愛の表現である。その作法である。(太宰治)
・愛することにかけては、女性こそ専門家で、男性は永遠に素人である。(三島由紀夫)