結婚活動(婚活)

【読み方:こんかつ、分類:結婚】

婚活は、「結婚活動」の略で、理想の相手を早く見つけ、幸せな結婚をするために行う様々な活動のことをいいます。これは、今の時代、ライフスタイルの多様化、女性の社会進出や晩婚化などにより男女がすぐには結婚しなくなったことから、結婚のためには就活(就職活動)のように積極的な働きかけが必要になってきたとするもので、社会学者の山田昌弘氏が考案・提唱した造語です(2007年頃)。また、同氏とジャーナリストの白河桃子氏が共著し、ベストセラーとなった『「婚活」時代』で本用語がブレークし、さらに2009年春には、フジテレビが中居正広さん主演のドラマで「婚カツ!」という題名を使用しました。

一般に日本の結婚事情を見た場合、旧来のある程度の年齢になったら結婚するパターンが現在も一番多いですが、その割合は年々減少傾向にあります。その一方で、予期せぬ妊娠による「でき婚」をする人と、30代や40代になっても結婚していない人の割合が相対的に増えています。特に30代や40代の結婚においては、自分の希望する条件に合う人が少なくなっており、それゆえ自ら積極的に動く「婚活」が必要になっています。ちなみに、その具体的な活動内容としては、合コンお見合いパーティーへの参加、結婚相談所や情報サービス会社(結婚仲介サイト)への登録などがあり、今の時代、結婚をするには、それなりの戦略と計画が重要となっています。

異性との出会い活動>

友活(友達活動)

異性の友達を作るために行う様々な活動。

恋活(恋愛活動)

魅力的な恋愛をするために行う様々な活動。

●婚活(結婚活動)

幸せな結婚をするために行う様々な活動。