失恋

【読み方:しつれん、分類:恋愛】

失恋は、英語では「Broken Heart」といい、恋愛において、する思いが相手に通じなかったり、恋した相手に拒絶されたりすることをいいます。その主なパターンとしては、「告白してフラれた」「相手が他の誰かと付き合った(付き合っていた)」「恋人に別れを告げられた」「互いが話し合って別れた」「ある日、恋人と音信不通になった(連絡を拒否された)」などが挙げられます。

通常、失恋した後は、ほとんどの人が気分が沈み、泣いたり悲しんだり、その後何日(人によっては何カ月)も立ち直れなかったりすることもあります。人生において、失恋は非常に辛いものですが、一方で失恋に意味がないことはなく、「悲しんだり傷ついたりしながら人として成長が得られる」と言われることも多いです。また、失恋は、「新しい恋の始まりである」と捉える人もいます。

<失恋の名言>

・女と別れるごとに、自分の中で何かが死ぬのを感じた。(ガルヴァニ)
・誰かをして誰かを失った人は、何も失っていない人よりも美しい。(イルマーレ)
・人はしばしば恋に欺かれ、恋に傷つき、不幸にもなる。それでも人に恋するのだ。(ミュッセ)
・恋はその始まりがいつも美しすぎる。結末が決して良くないのも無理からぬことだ。(ドーマ)
・男は別れの言い方が分からない。女はそれを言うべき時が分からない。(ヘレン・ローランド)
・忘れること、それが最上の治療法であり、 恋人との愛をつなぐエチケットです。(宇野千代)