外見

【読み方:がいけん、分類:婚活】

外見は、「見た目」とも呼ばれ、外側から見た様子やうわべのことをいいます。これは、日常の出会いにおいては、その人のルックス(容貌)やスタイル、ファッション(服装)などを含めた、"外から見えるイメージ(印象)"を意味します。

一般に容姿がルックスやスタイルなど、人の本来の肉体的な特徴を示すのに対して、外見は自分の工夫次第でイメージアップを図ることができます。よく人は「中身が大事で外見ではない」と言うこともありますが、恋活婚活などの出会いにおいては、初対面の人は内面まで分からず、まずは外見で判断することが多いので、出来る範囲で「良いイメージ」を与えるようにした方がいいでしょう。(ファッションやメイクは、自分に自信を持たせる力がある)

実際、複数の競合者(ライバル)がいる中で、内面を少しでも知ってもらえる話(トーク)をするには、まずはスルーされないような外見は大切ではないかと思います。(仮に容姿に自信がなくても、服や靴、化粧などでうまくコーディネートすれば、スルーされる可能性は小さくなる)

<本用語の使用例>

・本当の美人とは、外見の美しさだけでできているものではない
・世の中には、外見に関係なく常に彼氏がいたり、誰かに好かれている女性がいる
・大人の色気は、ファッションやメイクといった外見よりも、知性や気品といった内面から滲み出るものだ