お見合い

【読み方:おみあい、分類:婚活】

お見合いは、結婚相手を求めて、独身の男女(婚活者)が第三者を仲介として会うことをいいます。これは、世話人と呼ばれる第三者(個人や結婚相談所等)の仲介によって、結婚を希望する男女が対面することであり、人生のパートナーとして適当かどうかを互いに判断するために、双方が実際に会って話すことになります。

昔(戦前)は、結婚といえば、家と家の結びつきが強く、大半がお見合い結婚でしたが、今日では、恋愛結婚が主流となっています。その一方で、ライフスタイルの多様化、女性の社会進出や晩婚化、職場やプライベート等での出会いの少なさなどから、自分の希望(条件)に合う相手が見つかりずらくなっており、近年では結婚するために、積極的な働きかけ(婚活)が必要になっています。

一般にお見合いは、見知らぬ男女が知り合うきっかけの一つですが、普通の恋愛と違って結婚が前提のため、お互いに相手を気に入った場合、結婚できる可能性が高く、結婚まで最短距離でゴールできるシステムといえます。また、その方式については、親戚・地縁・知人などの従来の個人の仲介者以外に、今日では、結婚相談所結婚仲介サイト婚活サイト)など専門業者(結婚情報サービス)を利用することが多くなっています。

かつては、結婚情報サービスについては、「恋愛ではない」と抵抗感を持つ人も多かったですが、今日では、婚活が社会で一般的になるにつれて抵抗感も少なくなっています。また、これらのサービスを利用する人は、「結婚はしたいけれど、日常的な出会いがない」といった同じような悩みを持った普通の人であり、だからこそ、うまくいった場合は良縁を得ることができます。

通常、お見合いの方式については、個人仲介者の場合は昔ながらの対面方式ですが、一方で結婚情報サービスの場合は、パーティ形式やイベント方式、対面方式など多様な形態があります。また、結婚情報サービスでは、相手に希望する条件を細かく設定できるので、合致しそうな相手と効率よく出会うことができます(条件が厳しかったり、年齢が上がったりすると、対象者は少なくなるので注意)。

なお、お見合いは、あくまでも男女の出会いの場の一つであり、お互いが合意の上で結婚に至りますので、結婚までのプロセスで愛情)をしっかりとはぐくめれば、恋愛結婚と実質的に変わらないものになるのではないでしょうか?