本心

【読み方:ほんしん、分類:恋愛】

本心は、国語辞書では、「偽らない飾らない心(本当の心)」、「本来の正しい心(良心)」、「たしかな心(正気)」、「本来の性質(本性)」などをいいます。これは、日常においては、自分の本当に思っていることを指し、また恋愛においては、本当の心や真実の気持ちを指すことが多いです。

一般に日々の人間関係においては、人は本心を出さずにうまく対応することもありますが、一方で恋愛結婚においては、本心を隠したり、偽ったりした場合、いつまでも本当のは生まれず、いつか破局を迎えることが多いのではないでしょうか?

なお、本用語(本心)の類語には、「本音(ほんね)」や「本意(ほんい)」、「真意(しんい)」などもあります。

<本用語の使用例>

・何気ない仕草には、実はその人の本心が表れている
・意中の人を引き寄せたいなら、相手の前では本心を隠さないこと
・条件や目先のことに捉われず、自分の本心をしっかり見極め、好きだという素直な気持ちを大事にする