一目惚れ

【読み方:ひとめぼれ、分類:恋愛】

一目惚れは、一度見ただけで好きになる(心をひかれる)ことをいいます。これは、恋愛においては、一目見た瞬間に特定の人(相手)に対して、夢中になる体験、またはその心的な機能(感情)のことを指します。また、この感情は、双方に起こる場合と、片方のみに起こる場合がありますが、通常は圧倒的に片方のみに起こり、当初は片想いになることが多いです。

一般に一目惚れは、長い人生の中で何度も体験するものではないので、その感情は特に大切にした方がよいでしょう。ちなみに、アメリカのある調査によると、一目惚れして結婚したカップルの離婚率は、全体の平均的な離婚率と比べて非常に低くなっているそうです。

<本用語の使用例>

第一印象により恋愛が始まる代表的なケースが一目惚れだ
・一目惚れから始まる恋愛は、何だかとても運命的なのように思えるもの
・新しい職場で出会った人に一目惚れし、仕事も助けてもらい、ますます好きになった