刀剣女子

【読み方:とうけんじょし、分類:男女】

刀剣女子は、日本刀に興味・関心を持つ女性をいいます。これは、2015年頃から使われるようになった用語で、従来、中高年男性に愛好家が多かった日本刀に対して、20~30代の女性が熱い眼差しを向けるようになったことにより注目されるようになりました。そのきっかけは、2015年1月にリリースされた、日本刀を擬人化したイケメンの「刀剣男士」を収集・育成して合戦場の敵と戦っていく、オンラインゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」で、美麗なビジュアルと人気声優の起用などから、主に女性の間で爆発的な人気を博しました。

当初は、ゲームの中で注目された日本刀ですが、その後、実物の名刀を見てみたいという興味・関心がSNSなどで広がり、多くの女性が名刀を鑑賞するために、日本各地の博物館や資料館、神社などを訪れるようになりました。実際に名刀を間近で見てみると、遠い昔に打たれた刀の鋭さや奇麗さ、美しさに驚いた人も多いそうです。なお、本用語は、2015年の「ユーキャン新語・流行語大賞」の候補にも挙げられました(受賞はしていない)。