倦怠期

【読み方:けんたいき、分類:結婚】

倦怠期は、飽きて嫌になる時期のことをいいます。これは、付き合いたてのドキドキやトキメキを忘れ、相手に慣れてしまう時期でもあり、主に夫婦間や恋人同士において使われることが多いです。

一般に夫婦間においては、倦怠期が続き、関係が悪化していくと、セックスレスや家庭内別居などになることがあり、一方で恋人同士においては、相手のちょっとしたことに「イラっ」とするようになって、ついには破局や別れを迎えることも珍しくありません。

なお、倦怠期を乗り越えるためには、日々のコミュニケーションをしっかりと取ると共に、マンネリ化した性生活や愛情表現を工夫するなどして、精神面と肉体面から"互いの愛情思いやり"をよく確認することが大切ではないでしょうか?

<本用語の使用例>

・倦怠期というかマンネリというか、彼へのが冷めてしまった
両想いになりラブラブの彼氏が出来ても、いつかは倦怠期がやってくる
・結婚初期の離婚では、熱愛感情の冷めた「倦怠期」に不満を感じて、衝動的に別れてしまうカップルが少なくない