婚約破棄

【読み方:こんやくはき、分類:結婚】

婚約破棄は、婚約を一方的に取り消す(破る)ことをいいます。これは、何らかの事情により、婚約したカップルの片方から行われ、時として大きなトラブルになることもあります。また、婚約とは、結婚の約束を交わすことや、将来婚姻をすることを約束する契約のことをいいます。

一般にカップル(独身の男女)が婚約をした場合、結婚に向かって双方が誠実に努力する義務がありますが、そういった状況の中で、正当な理由もなく一方的に婚約を破棄されると、債務不履行として婚約を破棄された人は相手方に対し、婚約不履行による損害賠償請求が可能です。

ただし、その際には、婚約が成立していたことを立証する必要があり、その具体的な証拠として、婚約指輪や結納(婚約成立の印に両家の間で金銭や品物を贈ること)は有力なものとなるそうです。

<本用語の使用例>

・残念ながら、プロポーズの後に婚約破棄に至ってしまうカップルもいる
・婚約破棄されてから一生独身を決意し、転職して仕事にのめり込んでいった
・女性が職場の同僚と浮気し、それを知った男性は婚約破棄をして二人を訴えた