非婚

【読み方:ひこん、分類:結婚】

非婚は、結婚しないこと(結婚をあえて選択しないこと)や、自らの意思で結婚しない生き方を選ぶことをいいます。これは、1980年代から新しいライフスタイルを表す言葉として使われるようになったもので、昨今では、独身者において、結婚した場合のリスク(デメリット)を考えると、結婚しない方が良いとして「非婚」を選択することが多いようです。なお、非婚の者を「非婚者」と言いますが、日常的には「未婚者」や「既婚者」と比べて、あまり使われません。

<非婚以外の結婚状況に関する用語>

結婚

男女が夫婦になること。

既婚

既に結婚していること。

未婚

まだ結婚していないこと。

晩婚

世間一般の結婚年齢よりも遅く結婚すること。

早婚

世間一般の結婚年齢よりも早く結婚すること。

再婚

配偶者(夫または妻)と死別または離婚した人が、もう一度結婚すること。

<本用語の使用例>

・我が国では、急激に進む非婚化・晩婚化が少子化をもたらしている
・結婚に対する関心は減っている一方、非婚に対する関心は着実に増えている
・40代を過ぎると、もう結婚を諦めるという「非婚化」の方向にシフトすることが多い