貞操

【読み方:ていそう、分類:結婚】

貞操は、男女が互いに、異性関係の純潔(性的な純潔)を守ることをいいます。これは、社会的に承認された配偶者でない者と性的関係を持たないことを意味し、通常は女性が道徳的見地から純潔を守ることを意味する場合が多いです。また、貞操観念の形成には、生理的条件や宗教的条件、倫理的条件、社会・経済的条件などがあり、過去の歴史的には、妻の貞操義務のみが重視されることが多かったです。

一般に現代社会においては、結婚した夫婦は、同居して互いに協力し、扶助しなければならない義務を負っています。この義務の中には、夫・妻とも互いに貞操を守る義務が含まれており、本義務に反して一方が不貞行為を行った場合には、他方は配偶者の不貞行為を理由に「離婚の請求」をすることができます。

<本用語の使用例>

・夫婦間には貞操義務や貞操権があり、不倫はそれを侵害する
彼女を選ぶなら、貞操観念のある人を選びたいと思う男性が多いのではないか
・夫婦には、他の異性と性的関係を持ってはならないという貞操権を守る義務がある