四股

【読み方:よんまた、分類:恋愛】

四股は、恋愛(男女関係)においては、四人の人と同時並行で交際することをいいます。これは、二人の人と同時並行で交際する「二股」から派生した用語で、それを行っている人を揶揄したり、その行為を否定したりする場合に使われます。また、交際するという意味以外に、"四人に股を使っている=四人とエッチしている"という意味で捉えられることもあります。さらに、四股を超えて、同時並行で交際している人数が増えると、五股・六股・七股・・・となっていきます。

なお、本用語(四股)を「しこ」と読む場合は、相撲の基本動作(準備運動)の一つで、両足を開いて構え、膝に手を添えて、足を左右交互に高く上げ、力を込めて踏み下すことをいいます。