こじらせ女子

【読み方:こじらせじょし、分類:男女】

こじらせ女子は、「こじらせ系女子」とも呼ばれ、モテる・モテないや美人・美人じゃないに関わらず、自分の女子力に自信がなく、女子的な魅力をアピールできない女性をいいます。これは、AVライターの雨宮まみさんの著書「女子をこじらせて」で話題になり、また2014年の綾瀬はるかさん主演のドラマ「きょうは会社休みます。(日本テレビ系:2014/10/15-2014/12/17)」で世間的に広く注目されるようになりました。

一般にこじらせ女子は、不必要なまでのネガティブ思考の女性であり、周囲から付き合いが面倒くさい相手と思われがちで、その基本的な特徴として、自分の中の女子力に自信が持てない、運まかせのところがある、恋愛に対しては受け身(臆病)で努力の仕方が分からない、疑り深い性格である(自己評価が低く卑屈なところがある)、甘え下手である、一人や寂しさに慣れている、流行りもの(流行のファッション等)に疎いといったことが挙げられます。