オフィスラブ

【読み方:おふぃすらぶ、分類:恋愛】

オフィスラブは、「職場恋愛」や「社内恋愛」とも呼ばれ、同じオフィス(職場)に勤める男女同士の恋愛のことをいいます。これは、「office(オフィス)」と「love(ラブ)」の造語(和製英語)で、また恋愛とは、特定の相手(異性)に対して、特別の愛情を感じてい慕うことや、男女が互いにそのような感情を持つことを意味します。現在、日本においては、結婚に至るルートにおいて、メジャーなものの一つとなっており、同期の男女、先輩後輩の男女などのカップルが基本的な組み合わせとなっています。

一般にオフィスラブは、他のルートのものと比べた場合、結婚後に重要となる収入面や福利厚生面などの情報が分かると共に、同じ職場にいることから、その人の性格や能力などを身近に知ることができます。これは、ボッサードの法則(男女間の物理的な距離が近いほど心理的な距離は狭まること)からも、互いに良いイメージ(悪くないイメージ)があれば、恋愛につながる可能性が高いと言えます。また、このようなメリットがある一方で、魅力的(将来有望)な人は競争相手が非常に多く、実際に恋愛を成就させるには、日常的な情報収集や付き合うまでの戦略や計画などは必要になるかと思います。

さらに、オフィスラブにおいては、競争相手が妨害する(変な噂などを流す)こともあるで、お互いにバレても良いと思えるまでは隠密に行動した方が良いでしょう。また、近い将来の結婚を考える場合は、職場(仕事)で見せる姿と、プライベートで見せる姿が異なることもあり(例えば、マザコンやファザコンである、支配欲がある、DV体質がある、自分勝手である、ヒステリーである、整理整頓ができない、ケチである、体の相性が合わないなど)、これらを見抜けないと将来的な夫婦不和や離婚に至る可能性が生じるので注意しましょう。

なお、オフィスラブにおいて「不倫」も一つの定番ですが、これはバレた時にダメージが大きいので、やむなく不倫をする場合は、インモラルなの熱に浮かされず、常に冷静さを保つようにすることが大切かと思います。(不倫は、社会モラルに反しますので、決してお勧めはできませんが)

<本用語の使用例>

・素敵な先輩とドラマみたいなオフィスラブをしてみたい
・経験者いわく、オフィスラブは4月に仕かけると実りやすい
・職場での飲み会や社内旅行での言動もオフィスラブ発覚のきっかけになる