独身貴族

【読み方:どくしんきぞく、分類:男女】

独身貴族は、独身(シングル)で気ままに暮らしている人(男女)のことをいいます。これは、時間的かつ経済的に余裕があり、気苦労のない独身者(独身男性独身女性)を指す俗語で、独身の気楽さを羨む(揶揄する)際に使われることが多いです。元々は、親元で暮らし、生活費は親任せで、給料を趣味や余暇、ファッションなど自分のために使える若い独身者を指していましたが、その後、一人暮らしをする独身者や、離婚して独身に戻った人を含めて幅広く使われるようになりました。

一般に独身貴族という用語は、21世紀になってあまり身近で聞かなくなりました。その背景として、バブル崩壊後の長引く景気低迷による収入面の低下(悪化)や雇用面の不安があり、さらに結婚自体が簡単でなくなり、余程恵まれた人でなければ、独身貴族を楽しめなくなったことがあります。今の時代、就職で苦労し、社会に出てからも優雅になれず、さらに良いタイミングで結婚できなければ、婚活(結婚活動)も頑張らなければならず、本当に大変な世の中になったものです。

ちなみに、2013年10月-12月にフジテレビの木曜劇場枠(連続ドラマ)で、SMAPの草彅剛さん主演で同名のドラマ「独身貴族」が放映されました。

<本用語の使用例>

・独身貴族だからといって、結婚がしたくない訳ではない
・年収1000万円台だった彼は、未婚で独身貴族を謳歌していた
・遊びが楽しい人は、なかなか独身貴族から足を洗えないかもしれない