イクメン

【読み方:いくめん、分類:男女】

イクメンは、「子育てする(イクジする)男性(メンズ)」の略語で、育児を積極的に率先して行う男性や、育児を楽しんで行う男性のことをいいます。これは、美形で顔が格好いい男性のことを指す「イケメン」をもじった用語で、育児休暇を取得したり、父親(パパ)同士の会合に参加するなどして、子育てを積極的に行ったり楽しもうとする男性のことを指し、その中には、現状では子育てに積極的に参加できていなくても、将来的にそうありたいと願う男性も含まれます。

一般にイクメンという用語は、2010年6月に民主党の長妻昭労働大臣が少子化打開の一助として「イクメンという言葉を流行らせたい」と国会で発言し、男性の子育て参加や育児休業取得促進などを目的とした「イクメンプロジェクト」を始動させたのをきっかけに幅広く浸透していったそうです(メディアが新しい用語に飛びついたこともあり)。また、本用語は、ユーキャン新語・流行語大賞において、2010年のトップテンとなり、受賞者はタレントで4児の父親として産休を取ったつるの剛士さんでした。

ちなみに、同じく「イク」が付くものに、孫育てに積極的にかかわる祖父や祖母を指す「イクジイ(育爺)」や「イクバア」といった用語もあります。

<本用語の使用例>

・子育てに積極的な「イクメン」がもてはやされる中、イクメンブルーに陥る父親が増えている
・育児を理由に仕事を休んだり、長時間労働をしないイクメンは、昇進をする気がないと見なされる
・妻からは「子育てに非協力的」とみなされているにも関わらず、「俺はイクメンだ!」と自己評価の高い夫が多い