八方美人

【読み方:はっぽうびじん、分類:男女】

八方美人は、どこから見ても欠点のない美人や、誰に対しても如才なく振る舞う人のことをいいます。これは、あらゆる方面(方角)のことを意味する「八方(はっぽう)」と、美しい容貌の女性を意味する「美人(びじん)」からなる用語です。また、似たような意味のもの(類語)として、「八面美人」や「八面玲瓏(どの面から見ても美しく鮮明なこと、どんな人とも円満に付き合えること)」 があります。

一般に八方美人は、辞書的な意味合いでは、肯定的な内容となっていますが、実際の使われ方としては、そう思われる人に対して、やっかみや非難の気持ちを込めて用いられることが多いです(通常、褒め言葉としては使われない)。

<本用語の使用例>

・八方美人は、同じ女性から見ても良い気分はしない
・女子目線では、甘え上手な女は図々しく見えたり、八方美人に見えることもある
・他人の評価ばかりを気にしていては、八方美人になって自分の人生を生きられなくなってしまう