香典返し

【読み方:こうでんがえし、分類:香典】

香典返しは、葬儀の際に香典を受けた返礼として、品物を贈ることやその品物をいいます。これは、地域によって慣習が異なりますが、仏教(仏式)の場合、四十九日の法要後、香典額の3分の1から半分程度の品物を贈ることが多いです(神道やキリスト教などの場合は、仏式に倣って送ることが多い)。また、最近では、通夜や告別式の当日に香典返しをする「即返し」も増えています。

一般に香典返しは、茶・菓子・海苔・砂糖・タオル・寝具など、使ってなくなる物がよいとされますが、昨今では、カタログで選べるタイプもよくあります。なお、その発送においては、会葬御礼と忌明けの報告を兼ねた挨拶状を同梱し、また仏教の場合は、挨拶状に故人の戒名を記すことも多いです。