御佛前(御仏前)

【読み方:ごぶつぜん、分類:香典】

御佛前(御仏前)は、仏教(仏式)で用いられる香典袋(不祝儀袋)の表書きをいいます。これは、仏教において、仏様になった故人に捧げ供えるという意味合いがあり、故人の霊魂が成仏した四十九日(七七日忌)以後の法事・法要で用いられます(四十九日までは「御霊前」が用いられる)。

なお、浄土真宗の場合、人は死後すぐに仏様になるという思想であるため、通夜・葬儀告別式においても「御佛前」が用いられるそうです。