連続待受時間

【読み方:れんぞくまちうけじかん、分類:性能】

連続待受時間は、携帯電話において電波を正常に受信できる静止状態での平均的な利用時間をいいます。これは、バッテリーがフル充電(充電率100%)の状態で電源を入れてから、何の操作もしない(着信や発信、ボダン操作などが一切ない)状態で何時間バッテリーが持つかという理論値です。一般に連続待受時間は、電池の充電状態、待受画面や省電力モード等の設定状況、気温等の使用環境や日々の利用頻度によって大きく変動するため、実際の値(時間)は理論値と大きく異なります。