タップ(Tap)

【読み方:たっぷ、分類:操作】

タップ(Tap)は、スマホタブレットなどのタッチインターフェース(タッチパネル)上の操作の一つで、画面を軽く叩くようにして、一瞬だけ画面に触れる操作のことをいいます。これは、パソコンのマウス操作のクリック(左クリック)に相当するもので、メニューから項目を選択したり、ボタンを押したりするといった操作に用いられます。また、タップを素早く二回繰り返す操作のことを「ダブルタップ(Double Tap)」といいます。

なお、ダブルタップとの対比で、一回だけタップする通常の操作を「シングルタップ(Single Tap)」と呼ぶこともあり、また画面に触れてからすぐに離すのではなく、ある程度持続的に画面に触れる操作を「ロングタップ(Long Tap)」と呼ぶこともあります。