マナーモード

【読み方:まなーもーど、分類:携帯電話】

マナーモード(Manner mode)は、携帯電話の着信時における動作設定の一つで、着信音を鳴らさないように設定するモードのことをいいます。これは、交通機関や公共の場所で不用意に音を鳴らして、周囲に不快感を与えないために使用するもので、周囲の状況に応じ、着信音やバイブレータなどを設定できる機能のことを指します。具体的には、着信音が出ないようにしたり、バイブレータでの通知に切り替えたり、通話時のマイク感度を向上させて小声で話せるようにしたりする設定ができるようになっています。

一般にマナーモードと言った場合、メーカーや機種によって名称や挙動に多少の違いがありますが、その種類として、着信音は鳴らず、バイブレータが振動する「通常マナー」と、着信音は鳴らず、バイブレータも振動しない「サイレントマナー」が代表的なものとして挙げられます。また、その他にも、機種によっては、発信者にはクルマを運転している旨のメッセージが流れ、ドライバーには着信を知らせない「ドライブモード」などもあります。

なお、マナーモードでも電波の送受信をしており、計器等に悪影響を与える恐れがあるため、飛行機内や病院内、電車内の優先座席付近では、電源を切ることが社会常識として求められています。