ガラパゴスケータイ(ガラケー)

【読み方:がらけー、分類:端末】

ガラケーは、「ガラパゴス携帯(ガラパゴスケータイ)」の略で、主に国内メーカーによって製造され、国内の携帯電話市場で販売される、日本独自の機能や関連サービスが発達した携帯電話端末の俗称をいいます。これは、技術的には傑出した機能や性能を誇る一方で、世界的に広く普及している仕様や規格から大きく異なっていることから、逆に海外市場に進出できず、日本市場に孤立して存在している状況となっていることを表現(揶揄)したもので、大陸から隔絶した環境で生物が独自の進化を遂げた南太平洋のガラパゴス諸島になぞらえたものです。

一般にガラケーを特徴づけるものとしては、ワンセグ、FeliCa(おサイフケータイ)、メガピクセルカメラ、生体認証(指紋認証)、赤外線通信、Bluetooth、各キャリア固有のコンテンツサービスなどが挙げられます。また、こうした機能が盛り込まれたスマートフォンの端末は「ガラスマ」と呼ばれることもあります。ちなみに、本用語は、スマートフォンとの対比において、旧来の携帯電話端末といった意味で用いられることも多く、この場合、通話機能の他に何らかの高度な付加機能を搭載している携帯電話端末の一般的な呼称である「フィーチャーフォン」の概念とほぼ一致します。