WiMAX(ワイマックス)

【読み方:わいまっくす、分類:通信】

WiMAX(ワイマックス)は、「Worldwide Interoperability for Microwave Access」の略で、2004年6月にIEEE(電気通信に関する国際的な標準化団体)で承認された固定無線通信の標準規格「IEEE 802.16-2004(IEEE 802.16a/REVd)」の通称をいいます。これは、主に固定無線通信によって広範囲をブロードバンドでカバーすることを目指した通信方式であり、数kmから十数kmの広範囲を最大75Mbpsの速度で結ぶことが可能とされています。

当初、WiMAX(固定WiMAX)は、ADSLや光ファイバーの代わりに、ブロードバンド回線を家庭に引き込むための「ラストワンマイル技術」として検討されていましたが、その後、携帯電話等での高速通信ニーズの高まりに対応し、今日では移動体通信向けの技術「モバイルWiMAX(IEEE 802.16e‐2005、IEEE 802.16h)」、さらに後継規格で第4世代移動通信システムの一つである「WiMAX2(IEEE802.16m)」へと技術開発が移行しました。

なお、通信速度ついては各国で利用する電波帯や技術によって異なりますが、日本では2.5GHz帯の電波を使い、全国レベルでのモバイル向けデータ通信サービスである「モバイルWiMAXサービス」と、各地域単位でのラストワンマイル向けブロードバンドサービスである「地域WiMAX」が導入されています。ちなみに、モバイルWiMAXサービスには、高速通信、常時接続、世界標準規格、高速移動体に対応、比較的広いセルといった特徴があり、UQコミュニケーションズ(KDDI、インテル、JR東日本、京セラなどが出資)が2009年7月から商用サービスを開始しています。