デフラグ

【読み方:でふらぐ、分類:Windows】

デフラグ(Defrag)は、「デフラグメンテーション(Defragmentation)」とも呼ばれ、パソコンのハードディスクなどのディスクにおいて、断片化されたファイルを連続的な領域に配置し直すこと(空き領域の断片化を解消すること)、または本処理を行うソフトウェアのことをいいます。

通常、パソコンを日々使っていると、ディスクに対して書き込みと削除が繰り返し行われ、ディスク内でのファイルの配置が不連続になり、空きスペースが次第に細分化されていきます。また、この細分化が進むと連続した空き領域が少なくなるため、どの空きスペースにも入りきらないファイルが増え、ファイルを分割して二つ以上の空き領域に分けて保存するようになります。

一般にファイルの分割保存が増えると、オペレーティングシステム(OS)の処理量の増大やドライブのヘッドの移動量の増大を招くことになり、ディスクの読み書き速度の低下につながったり(ファイルの読み込み時間が長くなったり)、時にはヘッド自体の故障を誘発したりすることがあります。このような状況に対して、デフラグを行うことにより、ディスク内のファイルを先頭から再配置し、ファイルの分割状態を解消して、連続した空き領域を増やすことができます。

なお。Windowsでは、デフラグを行うシステムツールとして、「ディスクデフラグツール」を標準で搭載しています。