後悔先に立たず

【読み方:こうかいさきにたたず、分類:諺】

後悔先に立たずは、「後の悔い先に立たず」とも言い、一度してしまったことは、後になって悔やんでも取り返しがつかないことをいいます。これは、既に終わった(済んでいる)ことを悔やんでもどうにもならないので、後で後悔しないように事前に十分に尽力するようにという戒め(教え)となっています。

なお、本用語と似たようなものとして、「覆水盆に返らず」や「先立たぬ悔い」などもあります。