敵に塩を送る

【読み方:てきにしおをおくる、分類:故事】

敵に塩を送るは、敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救うことをいいます。これは、その昔、戦国時代に、甲斐の武田信玄が遠江の今川と相模の北条の両氏から経済封鎖をされて塩不足で困窮していた時、長年敵対関係にあった越後の上杉謙信がそれを知り、敵将の武田信玄に塩を送って助けたという故事(逸話)に由来するものです。

一般に本用語は、争っている相手が苦しんでいる時には、争いの本質ではない分野については援助を与えることも大切であるという喩えとなっており、悪い状態の上にさらに災いをもたらすという意味ではありませんのでご注意ください。