天上天下唯我独尊

【読み方:てんじょうてんげゆいがどくそん、分類:故事】

天上天下唯我独尊は、宇宙(この世)の中で我より尊いものはないことをいいます。これは、釈迦(仏教の開祖)が誕生した時、四方に七歩ずつ歩み、右手で天を、左手で地を指して唱えたとされる言葉で、「長阿含経」の話に基づきます。また、本用語の「我」は、釈迦本人の意味ではなく、個々人であるとされ、それぞれの存在が尊いものであることを意味します。

一般に天上天下唯我独尊は、人間の尊厳を表わしている言葉となっており、自分が一番偉いというような自惚れの意味では使いませんのでご注意ください。